HITSFAMILY

YOHJI YAMAMOTO exhibition

デザイナー山本耀司氏のパリ・コレクションデビュー30周年を記念した、「YOHJI YAMAMOTO」展のグラフィックデザインを担当しました。
 "Dialogue 対話" と銘打たれた本展覧会は、ピーター・リンドバーグをはじめとする写真家の作品20数点と、アーカイブよりコレクション衣装10余点の展示や、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)で展示された映像作品「Yohji Yamamoto:The Poet of Black」を公開し、各々の年代毎の作品と対話を堪能できる空間となりました。写真や声や洋服が共鳴し織りなす DNA の調べ。ことばが紡ぐ思考のカタチ。美学と美式が交錯する山本耀司さんのものづくりの世界との対話がコンセプトとなっています。
 私たちが担当したグラフィックデザインは、山本耀司さんの投げかけることばを文字組やレイアウトの"間"によって介在可能な場としてを創ろうと考えました。無駄を削ぎ落とし余白を創りあげることで、鑑賞者のイマジネーションが介入し、豊かな対話が行われる空間を目指しました。また、漆黒の空間に突如として浮かび上がる白文字は、生死が表裏一体であるように、自己と他人が相反しながらも対話によって、向き合い、理解する美しい人間の姿勢を表現しました。
CREDIT :
Organized By Seibu Shibuya
Space Composer : Junji Tanigawa (JTQ)
Graphic Design : Art Direction : Takashi Kawada / Design : Goshi Uhira (KOTENHITS)
Space Sound : Leo Sato
Special Thanks:glmv, Whitelight.ltd
/ EN
WORKS
HITSFAMILY
HITSPAPER
KOTENHITS
CNTCT

NWS :
sleep wear project
DCTNRY :